カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

足の甲に痛みを感じたり血管が浮き出るのはどんな場合なのか

      2016/09/27

%e8%b6%b3%e3%81%ae%e7%94%b2%e3%80%80%e7%97%9b%e3%81%bf%e3%80%80%e8%a1%80%e7%ae%a1

足は体の全体重を支えているので何かと負担が多くかかる部位です。
足の甲が痛いことで悩んでる方もおられると思いますが、痛み原因はいくつかあるようです。
湿布を貼って改善するものもあれば血管が浮き出できて変色したように見える場合など色々です。
足の甲が痛くなる原因や血管が浮き出る場合に考えられる病気などを調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%af%e3%81%8d%e3%82%99%e3%80%80%e7%97%9b%e3%81%bf
ランニングをしたらふくらはぎに痛みが!!

運動不足解消のため、本格的に体力をつけたい!そんな気持ちからランニングを始めたけれど、ふくらはぎに痛みを感じる・・・。
でも大したことないからこのまま続けよう!というのは非常に危険です!痛みの原因とその改善策を考えましょう。
こちらを参考にしてみてください。もしかしたら解決の糸口になるかもしれませんよ?

太もも 筋肉 痙攣
痛ーい!太ももの筋肉が痙攣したら!対処と予防法まとめ

運動している時、そして何もしていない時でも、突然やってくる太ももの筋肉の痙攣!
どうにか止めようとしても痛くてのたうち回ってしまうし、収まったと思ったら繰り返してしまったりする場合もあり、何とかしたいと思う時ってありますよね。
そもそもどうして太ももの筋肉が痙攣してしまうのか、またいざという時にあわてないための対処法や、どうしたら予防できるのかについて調べてみました。

小児 膠原病 症状
小児膠原病の気になる症状~大人とは違う発症の注意点

小児膠原病という病気をご存知ですか?
大人の病気と思われがちな「膠原病」。しかし若年でも発症し、大人よりも症状が重くなる可能性が高いようです。
そこで小児膠原病の初期症状や注意点などをまとめてみました。気になる症状があれば早めの治療を心がけましょう!

喉 異物感 臭い玉
喉に感じる異物感…臭い玉の正体は?気になる治療と予防法

喉に異物感を感じ、鏡で見てみると喉の奥に丸いデキモノが…
その喉の奥のデキモノは、臭い玉かもしれません。意外と多くの方が症状を経験している臭い玉。
一体この症状はなんなのか、治療法や予防法など詳しく調べてみました。

足の甲 骨折 リハビリ
足の甲に激痛!まさか骨折?リハビリ後完治するのはいつ頃?

捻挫だと思っていたら骨折だった…。足の甲を骨折してしまうと、治りが悪いと聞いたことはありませんか?サッカーやバスケットをしている人にとって、怖いケガの一つではないかと思います。また、重い物が足に当たり、骨折という場合もあるようですので、誰にでも起こり得ることと言えるでしょう。
もし足の甲を骨折したらどんな症状が出るのか、治療やリハビリはどんな感じなのか、いろいろと調べてみました。

夏 朝 吐き気
夏バテなのでしょうか? 朝いつも吐き気がするんです。

夏になると朝いつも吐き気がするというあなた。心配ですね(/_;)
それはどういう原因なのでしょうか?何か対策がありますか?いろいろと情報を集めてみました。
どうぞ試してみてください。暑い夏を乗り超えましょう!

生理がこない 検査薬 陰性
生理がこないのに検査薬の結果は陰性…考えられる原因は?

妊娠を待ち望んでいる方であれば、毎月の生理の有無が気になるところ。
生理日になっても生理がこないと妊娠を意識してしまうこともあるでしょう。
しかし検査薬の結果は陰性…この状況は妊娠していないのでしょうか?考えられる原因について調べてみました。

いぼ痔 手術 麻酔
いぼ痔の手術は麻酔が痛い?それとも麻酔が切れた時が痛い?

いぼ痔の手術は麻酔が痛いという噂ですが本当の所はどうなんでしょう?
全身麻酔をしない理由や、実は手術後の方が怖い、うんちを出す時が怖い、という体験談もありました。
手術を考えている方、この記事をお読みになると、きっと不安が解消されますよ!
どうぞ覚悟を決めて手術に立ち向かってくださいね(*^^)v

%e3%81%84%e3%81%bb%e3%82%99%e7%97%94%e3%80%80%e6%89%8b%e8%a1%93%e3%80%80%e4%bd%93%e9%a8%93
いぼ痔になったらあなたはどうする?手術の体験談のまとめ

お尻の病気で思いつく代表的なものは、「痔」ではないでしょうか?デリケートな場所だけに、なかなか相談しづらいですよね。

薬での治療で治ることもあれば、なかには手術が必要なものもあります。

今回は、痔の中でも「いぼ痔」についての手術の体験談をまとめてみました。

スポンサーリンク

足の甲の痛み、その症状の出方も様々

・朝起きて立ち上がった時にの痛み
・朝、歩き出しや階段を下りる時の痛み
・立ち上がる時の痛み、立ち続けている時の痛み
・歩く時の痛み、歩き続けている時の痛み
・重いものを持った時の痛み

などが代表的です。この他にも痛みが出るタイミングは多くありますが、動き出す時や長時間同じ動きを繰り返す事で痛みが出るケースが多いです。

また、痛みを感じる場所も様々で、
・甲の一番高くなってる部分の痛み
・内側(親指側)の部分の痛み
・外側(小指側)の骨の出っ張った部分の痛み

など、甲の痛みと言っても原因は必ず一つではありません。
ではどこに原因があるのでしょうか。

足の甲の痛み、原因は……

足は、細かい小さな骨が関節をつくり縦・横に弓状(アーチ)になって体重を支えています。

・家事(食事の支度)でジッとしている時に「休め」のように立っている方
・立ち仕事や重い荷物を片側で持ったりする方

この様な方は生活の中で体重を片側にかけてしまっています。
すると体重のかけている側のアーチが減少して足裏にかかる負担が大きくなり、足底の筋肉やすねの筋肉、それを包む筋膜、皮膚が硬くなります。
これらが原因で衝撃を吸収できなくなり、痛みが出てしまいます。
また足裏の筋肉やすねの筋肉に※トリガーポイントが出来て痛みを出したり炎症を起こし、それが痛みの原因となる事もあります。

引用元-足の痛み【足の甲の痛み】 | 【辻堂・茅ヶ崎の整体】湘南カイロ

足の甲の痛みの原因にはどんなものがあるのか

足の甲の痛みの5大原因

(1)骨折
足の中足骨を骨折するケースが多いです。特に第5中足骨(小指側の甲の骨)が一番折れやすく、「ゲタ骨折」などといったりします。

(2)打撲
上から落としたりした際に痛めます。骨折を伴わなければ、痛み自体は強くても比較的治るのは早いです。

(3)捻挫
足の甲にもショパール関節、リスフラン関節があり、外力が強く加わることによって靭帯や腱、筋肉を損傷します。

(4)尿酸
痛風の起きる時には、尿酸の結晶が患部にたまり、激甚な痛みを生じます。痛いなと思い始めてから24時間以内にピークを迎えることが多いです。

(5)皮膚炎
虫さされや植物によるかぶれ、皮膚炎やアレルギーなどで起こります。

引用元-足の甲の痛みの5大原因!病気・対処法とは | 習慣病.com

足の甲の痛みや血管が浮き出る症状にはどんな病気が考えられるか

「足の血管が浮き出してきたような気がする」「脚がむくむ」「明け方、つるようになった」などの状態に心当たりがある人は、もしかしたら下肢静脈瘤になりかけているかもしれません。
この病気は足に血液が溜まるためにおこるので、ほとんどの症状はふくらはぎにおきます。
また、午後から夕方にかけて症状が強くなる傾向があります。

引用元-下肢静脈瘤の初期症状となりやすい人の特徴をリサーチ

閉塞性動脈硬化症?

足には動脈と静脈が通っており、動脈から酸素や栄養が送られるのですが、もしも血管が詰まってしまうと、足先まで血液が十分に届かず、酸素不足や栄養不足になってしまいます。
この病気は、「閉塞性動脈硬化症」といわれており、放っておくと、動かしていないのに、足の甲に痛みがでたり、足先が冷たかったり、ひどい場合には壊疽となり、命に関わることになります。
 
この病気の場合、原因は動脈硬化ですので、生活習慣を改善することが大切です。
 
きちんと医療機関を受診し、服薬・生活指導をうけ、日々努力していくことが必要となります。
よく言われている生活改善の事になりますが、とても重要な事になりますので、「また、あれね」などと思わず真摯に受け止めるように心がけましょう。

引用元-足の甲の痛みは血管の症状?

閉塞性動脈硬化症の足の甲チェック

足の甲の痛みがあり、もしかして血管に問題があるのではないかと感じたら、簡単なチェックをしてみましょう。
親指と人差し指の腱の間、足の甲の部分に動脈が流れています。
健康であれば、脈を触れますが、もし血管の病気であれば脈がふれません。
チェックでひっかかるようでしたら、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

引用元-足の甲の痛みは血管の症状?

比較的太い表在性の静脈が浮き出ている場合、DVTか静脈瘤、血栓性静脈炎を疑いますが、痛みがあるのであれば、DVT>血栓性静脈炎>>ただの静脈瘤 と考えます。
DVTであればその場で緊急入院となるくらい危険性の高い疾患です。
受診しやすくて、しかも適切な診療を受けられるのは循環器内科だと思います。

引用元-左足の甲の太い血管が浮き出てきてすごく痛いのですが、何かの病気ですか?結… – Yahoo!知恵袋

その他、足の甲など体に血管が出やすいパターン

加齢や血管の老化によるもの

肌の水分やハリが失われると、乾燥して皮膚が薄くなり血管が浮き出てきてしまいます。
加齢により、コラーゲンやエラスチンなど、肌に必要な成分が失われていくのが主な理由です。
また、血管の老化により、弾力を失った血管は硬くて太くなります。
すると、血液を流す力が衰えてしまい血液が滞留し血管が浮き出てしまうのです。

紫外線

紫外線はシミ・ソバカスの原因になるだけでなく、皮膚の内側を乾燥させる上に、新陳代謝の妨げにもなります。
これが、さらに手を老化させる原因になります。

痩せている方は、皮下脂肪が少ないため血管が浮き出る

手はもともと皮下脂肪の少ない場所ですが、痩せている方だとさらにその傾向が強いようです。

運動不足が原因で血行不良

運動不足により、ドロドロ血液になっているため、血行不良で血管が硬くなり浮き出てくることもあります。

高血圧による心臓疾患

高血圧というだけでは血管が浮き出る原因にはなりませんが、高血圧からくる心臓疾患により静脈の圧力が高まると血管が浮き出る原因にもなります。

スポーツをしている

スポーツをすると、血液中に酸素がたくさん取り込まれます。
すると、血液量が増えて血行がよくなるので、血管が浮き出やすくなります。
また、筋トレでも血管が太くなるため、よく浮き出るようになります。
スポーツや筋トレによって体脂肪が減ったため、という理由もあるようです。

遺伝

遺伝で血管が浮き出ることもあります。

引用元-血管が浮き出る7つの原因と病気【こうやって治療しよう】 | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

足の血管が浮き出る下肢静脈瘤の予防法や対策とは?

下肢静脈瘤には、足の血管が浮き出るという、非常に困った外見上の特徴がありますが、命に関わるような大病ではありません。
ただし、一度なってしまうと自然に治るということはありえませんので、別の意味で困った病気ということができます。
また、放っておくと徐々に悪化してしまう性質がありますので、早い段階で対処したいものです。
予防法としましては、長時間の立ち仕事や座りっぱなしを避ける、適度の足のストレッチや運動を行なう、バランスのいい食事をする等があります。
また、なってしまったあとの対策としましては、弾性ストッキングという、下半身を締めつける働きのある医療用ストッキングを履くことで、病気の進行の防止や現状維持を図ることができます。
ケースによっては手術という方法もあります。
担当医とよくご相談の上、ご決断いただければと思います。

引用元-血管が浮き出る原因、筋トレ、予防、対策について

twitterの反応

 - 下半身