カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

生後4ヶ月の赤ちゃんにはどのくらいミルクをあげれば良い?

      2016/09/28

4%e3%83%b6%e6%9c%88-%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af

生後4ヶ月前後の赤ちゃんは、表情が出てきて相手をするのが一段と楽しくなりますよね。
一方、この時期になると健診や散歩などで同じくらいの赤ちゃんを見る機会が増えますが、体重やミルクを飲む量に差が出てきて、比べると気になってしまうかもしれません。
育児経験者には「ミルクを飲ませすぎないように」と言われたり「不機嫌なのはミルクが足りないから」と言われて混乱してしまったり…。
生後4ヶ月くらいの赤ちゃんには一体どのくらいミルクをあげると良いの?今までのように飲まないけど、どうすれば?といったお悩みに対する情報を探してまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

赤ちゃん お菓子 食べない
赤ちゃんがお菓子しか食べないで離乳食を食べてくれません。

あなたの赤ちゃんはお菓子大好きですか? それともお菓子はまったく食べないですか?
離乳食は食べてくれますか?お母さんの悩みは尽きません(/_;)
赤ちゃんにどんなおやつを、いつ、どれほどあげたらいいか考えましょう!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc
赤ちゃんがむずかる…肩の動きがおかしい!もしかして脱臼?

元気に遊ぶようになった赤ちゃんの相手をするのは楽しいですよね。
とはいえ、ちょっと方法を間違ってしまうと、 肩を脱臼する危険があるので注意が必要です。
例えば、赤ちゃんが「抱っこ」と手を伸ばしてきた時に、手だけを引っ張って抱っこをする事はありませんか?この動作はちょっと危険なのです。
また、他にも身近な動作で肩を脱臼する危険があるのだとか。
そこで、どんな時に赤ちゃんが肩を脱臼しやすいのか、どんな症状が出るのか等を調べてまとめました。
思い当たるママやパパはこの記事をぜひ読んでくださいね。

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-3%e5%9b%9e%e9%a3%9f-%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
離乳食を3回食に進めるタイミング~赤ちゃんの成長と見極め

離乳食後期になると、そろそろ3回食かな?と考え始める頃です。
しかし赤ちゃんそれぞれに食べる量やタイミングもあり、パパママがしっかり気極めをしながら進めることが重要すで。
そこで離乳食を3回食に進める時のタイミングやポイントをまとめてみました。
ぜひ参考にして、赤ちゃんに合わせてゆっくりと進めていきましょう!

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f-6%e3%83%b6%e6%9c%88-%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
気になるアレルギー…離乳食は6ヶ月頃スタートがオススメ!

今までは離乳食スタートは5ヶ月頃が良いとされていましたが、最近は6ヶ月頃からスタートさせるママが増えているようです。
その理由の一つに赤ちゃんのアレルギーの問題があり、世界的に見ても6ヶ月頃が推奨されているようです。
赤ちゃんの離乳食スタートをどのように行うべきか、詳しくまとめてみました。
ぜひ参考にして、ママと赤ちゃんのタイミングで始めてみましょう!

つわり 鍼灸 効果
つわりに鍼灸が効果的!快適なマタニティーライフを送ろう!

妊娠中はつらいつわりに悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

緩和の方法はいろいろと紹介されていますが、その中でも高い効果が期待できる方法として鍼灸治療があります。

あまり馴染みのない鍼灸について色々と調べてみました。つわりを乗り切るためにもぜひ参考にしてください!

4ヶ月 体重 増えすぎ
4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎた場合の対処法は?

4ヵ月ごろの赤ちゃんというと体重の増えが落ち着いてくる頃ですが、肉付きが良くなってくることから太りすぎでは、と心配する母親も多いようです。体重がどれくらいだと増えすぎなのか、そしてどう対処するべきなのでしょう。 4ヶ月の赤ちゃんの体重が増えすぎた時の対処法について調べました。   

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b6%b3%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
赤ちゃんの足のサイズの正しい測り方や靴の選び方

赤ちゃんがあんよを始めたら、シューズデビューはすぐ目の前!
お外での大切な一歩は、赤ちゃんの足のサイズに合ったものを選びたいですよね。
今回は、足のサイズの測り方や、靴の選び方などについて調べてみました。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e8%b2%a7%e8%a1%80%e3%80%80%e6%95%b0%e5%80%a4
赤ちゃんが貧血と診断される数値はどのぐらいから?

赤ちゃんが貧血?!赤ちゃんの貧血は、実はよくあることだそうです。
でもどのぐらいの数値から貧血と診断されるのでしょうか?
また、どうして貧血になるのか、どうして貧血だといけないのか詳しく調べてみました。

7ヶ月 ストロー 練習
生後7ヶ月の赤ちゃんのストロー練習を上達させるポイント

生後7ヶ月頃の赤ちゃんは離乳食も進み、日に日に成長を感じる頃でしょう。
そして生後7ヶ月と言えばストロー練習を始めるピッタリの時期です。
ストローを使えるようになると赤ちゃんにもママにも嬉しいことがたくさん!ぜひストロー練習を始めてみましょう!

%e6%8e%92%e5%8d%b5-%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e8%96%ac-%e9%99%b0%e6%80%a7
排卵検査薬が陰性でも妊娠する可能性があるって本当!?

妊娠を希望する場合、自分の排卵日を把握しておくことが重要です。
そこで排卵のタイミングを知る為にオススメなのが排卵検査薬です。
しかし排卵検査薬は陰性でも妊娠する可能性があるようです。
それにはタイミングや使用法なども関係しているようです。
正しく検査する為にもぜひ参考にして、排卵検査薬について理解しておきましょう!

%e6%96%b0%e7%94%9f%e5%85%90-%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae-%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84
新生児から始まる予防接種~受けないのはマナー違反!?

赤ちゃんが生まれると、多くのママは予防接種のスケジュール管理に追われることになります。
しかし中には新生児からの接種を躊躇し、予防接種は受けないと判断する方もいます。
そこで予防接種を受ける・受けない親の判断や医療の進歩、危険性などを詳しく調べてみました。

%e6%ad%af%e7%a7%91-%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%b3-%e5%ad%90%e4%be%9b
歯科でレントゲンを何度も撮るけど、子供の身体に影響は?

虫歯や歯列矯正目的で歯科に行くと、レントゲンを撮られる事が少なくありません。
被ばくの値が…という話を聞いてしまうと、何度も撮影するのは子供の身体に影響があるのではないかと心配になりますよね。
今回は、歯科で受けるレントゲン撮影がどのくらいの値なのか、どんな場合に子供にレントゲン撮影が必要なのかを調べてみました。
診察や治療には欠かせない場合が多いので、基本的にかかりつけの歯科の治療方針に従いながら、不安な場合は先生に相談なさってくださいね。

8e90405f39d82b7f15cb659d42c736f3_m
じゃがいもをつかった離乳食!完了期に最適なメニューは?

じゃがいもは離乳食初期から完了期まで使える便利な食材です。

クセもなく腹持ちのいい為、毎日の離乳食に用いることの多いジャガイモだからこそメニューのレパートリーに悩むことも。

そこでジャガイモの下ごしらえの方法や、離乳食完了期の赤ちゃんに最適なじゃがいもを使ったメニューをご紹介します。

%e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%9c%92-%e9%bc%bb%e6%b0%b4-%e4%bc%91%e3%82%80
保育園を鼻水で休む?お休みする基準と気になる病気について

保育園に通う子供にとって、鼻水症状は珍しいものではありません。
保育園は仕事をするママが多く、軽い風邪くらいでは休まない子も少なくありません。
そこで保育園を休む目安をリサーチしてみました。
鼻水と言っても、注意が必要な症状もあるようです。ぜひ参考にして、子供の健康を考えてみましょう!

恥骨 痛み 妊娠初期
恥骨の痛みは妊娠初期の症状!原因と痛みを緩和させる方法

妊娠初期には様々なマイナートラブルが現れます。それは妊娠初期症状と呼ばれ、恥骨の痛みもその一つです。

つらい恥骨痛が起こる原因は何なのでしょうか?そこで症状の原因や対処法について調べてみました。

ぜひ参考にして、妊婦生活を快適に過ごせるように役立ててください。

スポンサーリンク

生後4ヶ月の赤ちゃんの発達とは?ミルクの量はどのくらい?

赤ちゃんも4ヶ月になると首もすわってきて、抱っこもしやすくなります。
この頃の赤ちゃんにはどのくらいのミルクが必要なのでしょうか?
生後4ヶ月~5ヶ月の赤ちゃんは一回あたり200~220mlの量を与えるのが目安です。
回数は4時間おきに5回で、一日の目安量は合計1000~1100mlとなります。
体重の目安は7.1kgですが、体重には個人差が大きくありますから、赤ちゃんのペースで順調に増えていれば問題はありません。
体重の増え方は、3ヶ月迄は急激にどんどん大きくなりますが、4ヶ月頃からは緩やかになっていきます。
なので、いつも通りに体重が増えていなくても心配はありません。
赤ちゃんが元気にしていて良くミルクを飲んでいれば問題ありませんので、あまり神経質になりすぎないようにすることもポイントです。
気になる方は普段から赤ちゃんの体重を量っておくことをオススメします。
最近は外出先のベビールームにもスケールが置いてありますから、気軽に利用できますね。
ただし、全然増えないときや逆に減っているときなどは専門医に相談する必要があります。

引用元-4ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量と回数は?

ミルクを飲み過ぎてる!?4ヶ月の赤ちゃんの平均体重は?

「ミルクの飲みすぎ」、逆に「飲まない」という心配をもつお母様の相談はとても多いです。
まず、体重をチェックしましょう。
生後3か月で出生時の約2倍になりますので、出生体重3,200gが3か月で6,200gになったのは普通です。
母子健康手帳の中に、発育の目安というページがあります(男の子、女の子別になっています)。
そこに○印などをつけて線で結んでみましょう。発育曲線内であれば順調です。

また、カウプ指数といって、体重(g)÷(身長(cm)の2乗)×10 で算出して満1歳までは15.5~17.5が普通、17.5~19.5が太りぎみですが、この指数は身長が必要です。
ご相談の赤ちゃんはけっして太っていないと思います。

さて、ミルク缶は目安ですから、たまに1,300ml飲んでも、吐いたりしなければ気にする必要はありません。
この時期の飲む量は、だいたい1,000ml(650Kcal)前後です。
強いていえば、7~8回は回数としてはやや多いかなと思います。
ミルクを飲み終えるのに何分かかりますか。
もしも飲み終えるのに10分とかからないのであれば、乳首を替えることをお勧めします。
穴が大きすぎて早く飲んでしまうことも一因かもしれません。

引用元-赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【母乳とミルク・授乳】Q&A

生後4ヶ月頃から赤ちゃんにミルクをあげる時に暴れるのは何故?

まずは授乳前に赤ちゃんの状態をチェックします。
おむつが濡れていれば交換して、汗をかいていれば着替えさせます。
おっぱいをあげなくても満足しているようなら、3時間おきという授乳のタイミングにも固執しないで、眠そうなときは一度寝かせてあげて、起きてからおっぱいをあげるようにしましょう。

授乳前の状態が問題ないようなら、次にうんちがきちんと出ているかを考えましょう。
もし便秘の可能性があれば、オリーブオイルをつけた綿棒で肛門付近をくるくると軽くマッサージしてうんちを出やすくしてあげて様子を見るようにしてください。

引用元-授乳中に赤ちゃんが暴れる、泣く原因は?新生児にもよくある? – こそだてハック

赤ちゃんに落ち着いて授乳の時間を過ごしてもらうには、授乳中の環境を整えることも大切です。
たとえば赤ちゃんの興味を引くおもちゃが近くにあったり、授乳中にスマートフォンを見ていたりすると赤ちゃんも注意散漫になってしまいます。
いつも同じ場所で同じ授乳クッションを使うなど安心できる環境を整えると、赤ちゃんも「今からおっぱいだな」とわかって落ち着いておっぱいを飲んでくれるようになりますよ。
それでも赤ちゃんがおっぱいを嫌がって飲まなくなり体重が減少してしまうようなら、病気のサインかもしれません。
その場合は、早めにかかりつけの小児科へ相談してくださいね。

引用元-授乳中に赤ちゃんが暴れる、泣く原因は?新生児にもよくある? – こそだてハック

ミルクをあげる哺乳瓶の消毒はいつまで?4ヶ月の赤ちゃんの場合は?

赤ちゃんが使う哺乳瓶の消毒は、赤ちゃんの健康と命を守るためには必要不可欠です。
赤ちゃんはママの体からある程度の免疫を受け取って生まれてきますが、それでも大人の半分程度の免疫力しかありません。
病原菌に対する抵抗力も病気にかかった時の回復力もとても弱く、少しの細菌でも命に危険が及ぶ可能性もありますので、赤ちゃんが口にする頻度の高い哺乳瓶は消毒して、リスクを防いであげてくださいね。

赤ちゃんは生まれた直後からママから受け取った免疫が急激に低下し、3ヶ月を過ぎた頃から徐々に回復して、1歳になることにようやく生まれた頃とレベルに戻ります。
暖かく栄養豊富なミルクは細菌が繁殖しやすいので、安全を期するためには新生児期から生後4ヶ月を過ぎるまではしっかりと哺乳瓶の消毒をすることをおススメします。

4ヶ月を過ぎて赤ちゃんの活動が活発になってきたら、感染症の多い梅雨時や夏場、赤ちゃんの体調が良くないときだけでも消毒をしてあげると安心ですね。

引用元-哺乳瓶の消毒はいつまで?方法/必要性/やめるタイミング – マーミー

そろそろ赤ちゃんにミルク以外も…と言われたけど何をあげるの?

【3ヶ月〜6か月】お水を飲ませても大丈夫だが、基本は母乳とミルク

生後3ヶ月頃から、果汁や麦茶などを与えてもよいと言われる場合もありますが、夏場やお風呂上りなど、汗をかいた時の水分補給は、離乳食が始まるまではできるだけ母乳やミルクを優先的にし、補助として与えるのならば、白湯など無味無臭のお水がよいでしょう。

生後4か月頃までに果汁などを与えると、思わぬ食物アレルギーの引き金となってしまう場合もあります。
それらを防ぐためにも、ミルク以外を与える場合には、主に「純水やそれに近い水」、または「硬度が軟水のお水」を与えるようにしましょう。

最近では、赤ちゃん専用のお水のペットボトル販売もありますが、購入に煩わしさを感じる方は、ご自宅にウォーターサーバーを設置するのもよい方法であると言えます。
こちらの場合、冷水・温水がすぐ使えるため、ミルクを作る際などに水を煮沸させる手間も省けて便利です。

【6か月以降】離乳食の開始と共に、少しずつ他の飲み物を

離乳食の開始と共に、徐々にミルクやお水以外の飲み物を与えていきましょう。
その際、初めのうちは舐める程度しか飲まない場合が多いため、赤ちゃんがあまり欲しがらないなら無理して飲ませないことが大切です。
卒乳するまでは、あくまでも慣れさせる程度に飲ませるようにしましょう。

そして、ミルク以外の飲み物を与える場合はさまざまな注意が必要です。
糖分は赤ちゃんの体では分解し辛く、体に負担をかけてしまう場合があります。
また、ノンカフェインの麦茶などの場合、赤ちゃんが初めて口にした時に苦みなどを感じてしまうと、以後、飲んでくれなくなるなどの心配もあるため、大人の味覚では薄いと思うくらいに薄めて与えましょう。
与える飲み物の糖分や濃さなどの成分には、十分注意が必要です。

引用元-赤ちゃんにミルク以外の飲み物はいつ頃からあげても大丈夫?|ウォーターサーバー・宅配水比較@ランキング

twitterの反応

 - 出産・子育て