カラダQA

カラダのキニナルを解決する情報サイト

*

血液検査のCRPって何?値が高いときのがんの可能性は?

      2016/09/28

crp-%e9%ab%98%e3%81%84%e3%80%80%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%93

皆さんは定期的な健康診断などは受けていますか?
健康診断でなくても、血液検査の欄に「CRP」という欄があるのはご存知でしょうか?
CRPの値が高いときの潜んでいるかもしれない病気。がんの可能性は?疑問や不安点などを調べてみました。

スポンサーリンク

関連記事

不妊治療 障害 確率
不妊治療で障害児の確率が上がる!?気になるリスクと原因

最近では高齢出産をする方も増え、不妊治療への意識も高まってきています。

しかし不妊治療で障害が現れる確率が上がるといったデータがあることをご存知ですか?

それはどういったことが原因なのか、またそのリスクを下げる方法はあるのかなど、詳しく調べてみました。

インフルエンザ 太もも 筋肉痛
インフルエンザで太ももが筋肉痛!?気になる症状・原因!

インフルエンザにかかると太ももや背中などが筋肉痛になる事をご存知ですか?

運動もしていないのに筋肉痛の症状が続く時は、インフルエンザの疑いがあります。

そこでインフルエンザと筋肉痛について調べてみました。気になる方は早期治療を心がけましょう!

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_m
自律神経失調症と診断されたら〜休職時の過ごし方〜

人間の体内には「交感神経」と「副交感神経」という自律神経が存在しています。
その2つの自律神経のバランスが乱れると、様々な症状が現れてくるのです。これは「自律神経失調症」と呼ばれる病気です。
普通の社会生活に支障をきたしてしまい、休職を余儀なくされる人も少なくはありません。治療の為とはいえ、休職期間はもどかしいものでしょう。
有意義にする為には、どのような過ごし方をしたら良いのでしょうか。

中指 薬指 痛い
中指と薬指が痛い…気になる手根管症候群の原因と治療法!

中指と薬指の付け根が痛いと感じたことはありませんか?
その痛みの原因はもしかすると「手根管症候群」かもしれません。
あまり聞きなれない「手根管症候群」ですが、意外と多くの人が患う病気の一つです。
「手根管症候群」とはどんな病気なのか詳しく調べてみました。

子宮筋腫 入院 準備
子宮筋腫の入院準備!経験者に聞いた本当に必要な物とは…

子宮筋腫での入院準備、病院からの冊子では本当に必要なものが詳しく書かれていないことも…

そこで実際に子宮筋腫の手術を経験した方のリアルに必要だった入院準備品をまとまてみました。

経験者ならではの意見も参考にして、入院生活を快適に過ごせるように準備しておきましょう!

白血病 血液検査 数値
白血病の疑いは血液検査の数値で発覚するってホント!?

病院の診察で血液検査を受けた事がある方も多いことでしょう。

病院での採血は、結果の数値で様々な体の状態がわかるそうです。そしてその中でも白血病は血液検査での発見が多い病気です。

そこで血液検査の数値や治療法など、白血病についてまとめてみました。

wpid-2015_10_29_03_19_2.jpg
仕事が辛い!相談できないときの対処法

仕事が辛い時、みなさんはどうしていますか?仕事の内容によっては、誰にも相談できないこともあります。

そんな時、一人で溜め込んでいるとストレスの原因となり、健康にもよくありません。

自分なりの改善法を見つけて、楽しい毎日を送るように心がけましょう!

ひじ 骨折 リハビリ
ひじの骨折はリハビリが重要!正しい知識でしっかり治そう!

ひじの骨折は、元の状態のように動かすために正しい治療とリハビリが重要です。

骨折以前のような、ひじの可動域を取り戻すためにも、正しいリハビリの知識が必要になります。

そこでひじの骨折やリハビリについて調べてみました。

帯状疱疹 症状 眼
帯状疱疹の症状が眼に!?危険な眼部帯状疱疹とは…

帯状疱疹の症状が眼にも現れることを知っていますか?
それは「眼部帯状疱疹」という病気で、症状によっては重症化してしまうことも…
「眼部帯状疱疹」は早めの処置や予防も大切です。そこで「眼部帯状疱疹」について詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、目の健康を守りましょう!

風邪 頭痛 冷やす
風邪からの頭痛症状!改善するには冷やすべき?

風邪からくる頭痛を改善するために、体を冷やすのは有効でしょうか?、どのように改善するべきか調べてみました。
風邪を治す冷やし方と、頭痛を改善する冷やし方は異なります。頭痛を緩和しながら、早めに風邪を完治できるように心がけましょう。

子宮筋腫 手術後 痛み
子宮筋腫手術後の痛みの対処法と再発を防ぐポイント!

子宮筋腫は女性の病気の中でも特に多くみられる病気の一つです。
治療法としては手術が必要になるケースもあり、特に手術後の痛みが辛いと感じる方が多いようです。
そこで気になる子宮筋腫手術後の痛みについて詳しく調べてみました。

wpid-2015_09_26_03_54_6.jpg
【新生児】産まれてから1ヶ月間で体重はどれくらい増える?

初めての育児、不安がいっぱいですよね。

産まれてからの1ヶ月間、新生児ってどれくらい体重が増えるものなのでしょうか?

あまり体重が増えなくて…と悩んでる完母のママさん必見の情報も!

咳 微熱 続く
体からのサイン!咳・微熱が続く時に考えられる病気とは…

咳や微熱症状が続く時、それは体からの不調のサインです。

放置しておくことで、症状の悪化や更に重篤な病気へと進行してしまう可能性もあります。

そうならない為にも早めの対処が必要です。そこで咳・微熱から考えられる病気についてまとめてみました。

病院 紹介状 違う病院
病院の紹介状に書かれた宛名と違う病院を受診できる?

病院で紹介状を書いてもらうと、病院名のほかに医師の名前も記載されていることが多いかと思います。
でも、何らかの理由でその宛名とは違う病院を受診したい場合、どのような段取りをすればいいのでしょうか?
そしてそもそも紹介状とはどんなものなのでしょうか?紹介状を書いてもらうことのメリットなども調べてみました。

貧血 検査 病院
貧血の検査をする時、病院の何科へ行く?

貧血は、よく聞く言葉ですね。女性や妊娠中の人もよくかかるもので軽視しがちですが、病気が隠れている可能性も否定できませんから病院で検査をすると安心できますね。そんなとき、貧血の検査は何科へ行くべきなのでしょうか?貧血とは詳しく何なのか、そして病院では何科へ行くとよいのか、について調べました。

スポンサーリンク

CRPってなに?どんなことがわかるの?

風邪をひいて病院に行ったり、人間ドックなどを行なったりするときに、血液検査という項目があり、その中には炎症や感染症を検査することがあります。
例えば、食べ物にあたった、風邪をひいたようで鼻水が出る、のどが痛い、などすべては体からのSOS「炎症反応」といわれるものです。

炎症や感染症は、ほとんどの場合、身体に腹痛や発熱などなんらかの症状が出るため「別にそんなこと調べなくても…」と思う方もいらっしゃいますが、風邪が長引いた時など、なかには風邪以外の理由も考えられるのです。
また、炎症や感染症の原因となったものがどのくらい体の中で暴れているのか、この病気は治っているのかなど病気の経過についてもcrpで判断できるとのことです。

そのため、crpは、今後の治療に大切な血液検査なのです。そこで、詳しくcrpについてお話ししていきたいと思います。

引用元-血液検査のCRPでどんなことがわかるの?もしかしたら癌や肺炎の可能性も!|WELQ [ウェルク]

CRPの基準値。値が高い時の疾患の可能性

CRP血液検査とは、血液中に含まれる「C反応性たんぱく」の含有量を測定する検査のことです。
C反応性たんぱくは、一般的に「免疫比濁法(定量法)」と呼ばれる一定量の血液中に含まれる定量を測定する形で検査が行われます。
C反応性たんぱくは、人体内で炎症性の刺激や細胞の破壊が生じると急激に増加してくるタンパク質成分であり、このように症状に反応して増加する物質を「急性相反応物質」と呼びます。

引用元-CRP-基準値・正常値のまとめ

CRP数値の一般的な正常値の範囲、基準値の範囲について見ていきましょう。
ここで掲載する数値の範囲は、定量法(免疫比濁法)による一般的なCRP数値の基準値の指標であり、仮に基準値内であっても、疾患の可能性や症状の可能性がないという訳ではありません。
尚、CRP血液検査では、「血液中」のC反応性たんぱく含有量を測定します。

引用元-CRP-基準値・正常値のまとめ

CRPが高い。がんの可能性もあるということで不安です

昨日診療所に行き診ていただきました。
血液検査とエコーです。エコーでは内蔵に問題なし。
血液検査も白血球は正常値でした。
何か細菌感染かと思われるのでと言う事で抗生物質ジスロマック3日分と解熱剤、胃薬を処方されました。

しかし、先程お医者さんから電話を頂き、血液検査の追加結果がでてCRP値が6.5あるそうです。
今すぐ大きい病院に行ってもよいし様子を見てもよいですがとのお話だったのですが。

引用元-CRP値が高いです。今すぐ大きい病院に行くべきなのでしょうか?39度の… – Yahoo!知恵袋

改めてCRPについて調べて見ると悪性腫瘍とか入院とか重い病気の事ばかりが目について…。
もしやすぐに大きい病院で検査した方がいいのかと不安になってしまいました。
一体どんな病気が考えられるのでしょうか?
抗生物質を飲み終えるまで様子を見て大丈夫なんでしょうか?
こういう分野に詳しい方、ご意見をお願いします。
30代女性です。

引用元-CRP値が高いです。今すぐ大きい病院に行くべきなのでしょうか?39度の… – Yahoo!知恵袋

基準値より高い場合、がんの可能性も

C反応性蛋白は血液は体中に巡っているという特徴からか、それを検査しただけで体中の様々なことがわかります。
その中で体の組織が傷ついていて、修復を必要とされているのを教えてくれるのがC反応性蛋白という物質の値です。

数値が高いほど
C反応性蛋白の血中量は、CRPという欄に記載されています。
この数値は0.3以下であれば問題がないのですが、これよりも大きければ大きいほど炎症や細胞の破壊があり、それが重症である可能性が高くなります。
このように基準値よりも値が大きい場合は以下のような疾患の可能性が検討されます。
・ウイルス性感染症
・細菌性感染症
・悪性腫瘍
・心筋梗塞
・膠原病

まず疑われるのがこうした疾患ですが、これ以外でも持病によってC反応性蛋白の量が増えてしまうこともありますし、細胞組織の損傷や壊死を引き起こす外傷、熱傷などをおっている場合でもC反応性蛋白の数値が上昇することがあります。

引用元-CRPが高いとどんな疾患の可能性があるの?[カラダノート]

がん患者のCRPの値

がん患者が血液検査をすると、CRPが高くなることがあります。

「C反応性蛋白(CRP)」は、細胞組織に傷がついたり、臓器や粘膜が炎症したときに、体が防衛反応として発生させるタンパク質です。
C反応性蛋白の産生量は炎症反応の強さに相関するため、血清中のC反応性蛋白を定量して炎症反応の指標とすることができます。
すなわち炎症が強いほど血清CRP値は高くなる。

身体に傷ができると免疫機能が作用して炎症反応を起こし、傷を修復します。
修復が終われば炎症をなくします。炎症は免疫のための必要な機能ですが、がん細胞はいつまでも炎症反応を続けさせます。
炎症反応を利用して自分のまわりに血管を作らせ、酸素や栄養分を補給して大きくなります。

炎症があるがん細胞の周囲では、本来はがん細胞を退治するはずの好中球やマクロファージががん細胞の成長を促す役割をするのです。
さらに炎症細胞は、ガンと闘う主役のT細胞を寄せ付けず、がんを退治する能力さえも殺してしまいます。

つまり、がん患者の体内では免疫機能が落ちており、その上更に抗がん剤で免疫力を落とし、がん細胞の狡猾な働きによって、わずかに残ったT細胞すらも無力にされるのです

引用元-がんと炎症(CRP値): 膵臓がんサバイバーへの挑戦

twitterの反応

 - 癌・三大疾病